×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「華鬼」
梨沙による日本のファンタジー小説。イラストはカズキヨネ。2009年に映画化、2010年には舞台化。十六年前に鬼の花嫁としての印を刻まれた神無に、十六歳の誕生日の朝、『鬼ヶ里高校』から使者が出向く。神無は鬼ヶ里の生徒会長・木藤華鬼の花嫁だった。一方華鬼は、自分の花嫁にもかかわらず、神無に殺意を抱いていた。華鬼から神無を守る為、彼の庇護翼である光晴、麗二、水羽は神無に求愛する。前代未聞の花嫁となった神無だが、彼女を狙う敵も現れる。鬼と鬼の花嫁の恋愛学園ファンタジー。