×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「筆談ホステス」
斉藤里恵は青森県の厳格な家庭に生まれ、髄膜炎の後遺症により1歳10カ月で聴力を失う。里恵は次第に落ちこぼれるようになり、酒、タバコ、盗みなどを繰り返し、「青森一の不良娘」と呼ばれるまでになる。その後、接客業の楽しさを知り、水商売に進み、上京して銀座のクラブで働くようになった。本作品は里恵が「筆談術」でナンバーワンのホステスになっていく物語。2011年に田中好子が死去したため、田中にとってはこれが最後の民放ドラマ出演となった。同年5月1日深夜に追悼番組として再放送された。