×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「黒い雨」(くろいあめ)
1989年5月13日より公開された原子爆弾(原爆)の恐怖と悲劇を描いた日本映画である。1965年に出版された井伏鱒二の小説『黒い雨』の映画化。矢須子に扮した主演の田中好子の演技は高く評価され、公開翌年の第13回日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめ数々の部門で受賞した。広島の原爆投下によって人生を変えられた閑間夫婦と姪の矢須子の悲劇的な運命を描く。取巻きの人物の二次被爆の恐ろしさも明瞭に描かれている。