×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「天使の卵(実写)」
村山由佳による恋愛小説。小説は、1994年に集英社より刊行された。同年、NHK-FM、青春アドベンチャーにて萩原聖人主演でオーディオドラマ化、2006年には映画化もされ
、原作小説はミリオンセラーとなった。物語は「僕」こと歩太の視点で描かれている。美大志望の予備校生・一本槍歩太は、自分の進路について悩んでいた。そんな春先の日、歩太は電車で出会った女性・五堂春妃に心を奪われる。その後、父親の入院している病院で春妃と再会し、彼女が父の主治医の精神科医であることを知る。
現在、斉藤夏姫という恋人がいながら、自分より8歳年上の春妃に惹かれていく歩太。後に春妃が夏姫の実姉であることを知るも、春妃への想いは次第に募っていく…。