×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「余命1ヶ月の花嫁」
一人の女性が送った闘病生活を題材とした日本のノンフィクション物語である。主人公である長島千恵は24歳ながら2007年(平成19年)4月にすでに末期の乳がんに冒されていた。宣告された余命は1ヶ月。
しかし「がんと闘う自分の思いを同世代の人たちに伝えたい」と取材に応じてくれた。彼女の最大の夢は「ウエディングドレスを着ること」であった。
千恵の夢を叶えるため、彼女の恋人・赤須太郎との模擬結婚式を友人たちが計画し、2007年4月5日に籍は入れずに結婚式を挙げる。
そして模擬結婚式から1ヵ月後の5月6日に彼女は亡くなった。